iTerm使いはcsshXじゃなくてi2csshを使うと幸せになれる

csshXというツールがある。 複数のホストに同時にSSHして、 それらの全てに同じキーボードの入力を送信できるツール。 要するに、リモートホストを一括で操作できるというスグレモノらしい。 サーバー6台とかを全く同じ手順で設定するときに非常に便利なのね。

ただこれをiTermで打つと、Mac純正の「ターミナル」が勝手に開く。 どうやらターミナルでしか扱えないみたい・・・。

自分はiTermの設定をバッチリ組んで最高に快適な状態にしてあるのでどうしてもTerminalじゃなくて iTermを使いたい。そんな中探していたのがi2cssh。

i2csshXはiTermに対応した一括複数ホスト操作ツール

wouterdebie/i2cssh
https://github.com/wouterdebie/i2cssh

インストールはgemで行う。

$ gem install i2cssh

一番簡単な使い方としては、~/.ssh/configに書いてある名称を複数打つのが簡単。

Host host1
   Hostname 111.111.111.111
   User someone
   Port 12345

Host host2
   Hostname 222.222.222.222
   User someone
   Port 12345

Host host3
   Hostname 333.333.333.333
   User someone
   Port 12345
$ i2cssh host1 host2 host3

そうするとiTermの別ウィンドウが立ち上がって、 それぞれにログインした上でスプリットされる。

i2cssh

ここでcmd+shift+Iを叩くと、確認ダイアログの後に同じキーボード入力が それぞれのホストに送信されるようになる! この一括操作モードだと各ペインの右上にアイコンが出るからわかりやすい。

個別に操作したくなったときはcmd+shift+Iを打てば通常のiTermとして使える。

Cent OSサーバー4台にyum update -yしたり 各サーバーのperlのバージョン調べたりするときにパパっと使うとすごく捗る。 何かと複数サーバーでの作業が多い人にオススメです。