GitHubの年間contributionを2000以上に保って一定量以上コードを書くようにしている

いまGitHubのマイページに出ているcontributionを年間2000以上に保つ習慣をつけようとしている。

ikuwow (Ikuo Degawa)
https://github.com//ikuwow

2017/02/05現在

いまはちょうど2000を越えて数日たった状態。

以前 毎日コードを書いてGitHubのcontributionを途切らせないようにしている という記事を書いたが、最近以下の理由で方針を変えた。

  • current streakが表示されなくなった
    • 見られなくなったというのが一番大きいかな・・・
  • privateのcontributionもカウントされるようになった
    • お仕事や、セキュリティのあれこれで公開できない個人プロジェクトも反映されるようになったのは嬉しい
    • もちろんprivateなので活動内容(issueのタイトル等)は見えない
    • 上の画像の右上でprivateも含めるかどうかの設定ができます。
  • 時間がない日に特に意味のないクソみたいなコミットやissueを立てるのをやめたかった
    • コメントを直すだけや、本当は別で管理しているタスクリストをissueに書いたりしてた。
    • 一回だけコミットの日付を操作してしまったときもあった気がする

More contributions on your profile
https://github.com/blog/2173-more-contributions-on-your-profile

2000という数字は、たまたまprivateも合わせてみた数が1900台でちょっと背伸びして届きそうだったから。

「芝が青い」ことをステータスとするという価値観は変わらないし、一定量以上のコードを書き続けるという目的も変わらない。 1年前の今日の自分以上のcontributionを稼いでいかないといけないので、実際contributeする日数も稼げている。 むしろお仕事でがんばった分もここに反映されるので以前よりモチベーションは高いかも。